三歩歩けば楽器屋にあたる御茶ノ水という街について

 

 

お茶の水なのか御茶ノ水なのかいつも迷う街、そうおちゃのみず。

いつまでも工事が終わらない駅、そうオチャノミズ。

 

 

どうでもいいんですけど、楽器屋多すぎませんか???

 

 

 

主張が激しすぎるリバティタワーこと明治大学の文系キャンパスを目の前にして肩をすくめたような日本大学の間を通り抜けて見えてくるのは、


f:id:sakosma:20170329235121j:image

ギター屋

f:id:sakosma:20170329235136j:image

ギター屋

f:id:sakosma:20170330000406j:image

 あれまドラムもあった。

 

 

 

きっと、

 

むかーしむかし明治大学のバンドサークルでうまれた奇跡の5人組と呼ばれたアマチュアバンドはJPOP界史上最速でメジャーデビューを果たしたのにもかかわらず「普通の大学生に戻りたい」という言葉と白いマイクをステージ上に残し、たった1年で解散解散を惜しむファンの中には「彼らに続きたい」と明治大学でバンドサークルへの入部を熱望する高校生が続出し、バンドサークルは大繁盛。そして御茶ノ水の楽器屋が大盛況。続々とNEWOPENの文字が並ぶ......

 

な!ん!ちゃっ!て????

 

 

すみません、すべて妄想です。

ちゃんと調べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「簡潔に言えば"なんとなく"集まったのというのが一般的であるようだ。」
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~tj330/Labo/omura/machiaruki2007/machiaruki2007_2.pdf

 

 

 

 


え?????理由ないの???

 

 

 

 

 

白いマイク置いてないし、本来学問を学ぶための場である大学への入学の目的がバンドになってしまっているという高校生の根拠のない自信が生み出す矛盾もないと????

 

えー..........

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だれか、いままでの737文字返してくれ それで許してやる